東京マンション在住で東京の専門学校へ通学

東京は本当に交通の便がいいところです。どうしてこんないい立地なのに、そんなに歴史がないのかなと不思議に思ってしまいます。東京で働いたり、学校に通うとなると、東京は本当に便利です。ここに人暮らし用のマンションを持っていれば入居率はとてもいいでしょう。サラリーマンやOL、専門学校生や大学生、または短大生や、デパートの衣服店で働く若い女性などターゲットはいくらでもいるからです。そんな私も、今理想としていることは東京のマンションに一人暮らしをして東京の専門学校に通学することなのですが、東京マンションは家賃が高かったりするので東京マンションに一人暮らしをして学生をやることは思っているよりもきついことです。
専門学校の場所が新宿なので東京のマンションに一人暮らしをしていけるならちょうどいい距離になるので通学手段にも困らないので一人暮らしをしてみたいと思う理想の場所はやはり東京のマンションということになります。

東京ならどこへ通学するにも便利な場所ですよね。ただ、東京となるとマンションの価格もかなり高いです。駅前のタワーなんか億ションってくらい庶民には手の届かないものです。そんな時は、少し離れたところを探してみましょう。一つとなりの駅でも十分に東京への徒歩圏内だったりします。都心の隣の駅って、近すぎると思うことがあるくらいですから。隣の駅から次の駅が見えたりすることもあります。例えば、都営三田線の板橋駅などはそうではないでしょうか。最寄駅ではないけど、自転車で行けたり、バスが充実しているのでバスですぐに出れたり。そうすることで、価格がぐっと手頃なものになります。都会の人は運動不足なので、毎日東京までウォーキングすることで、運動の習慣がつくのではないでしょうか。それに新築じゃなく、中古だったりしたらもっと安く抑えられるでしょう。予算内で東京周辺に住みたいと思ったら、少しだけ条件を見直して理想のマンションを手に入れたいものです。

東京のマンションは賃貸も分譲も高そうですよね。マンション選びで最も重要なのは予算です。無理なく組める住宅ローンは年収の20%~25%以内と言われています。家のお金は変動がない固定費なので、ここは安く抑えたいところですよね。逆に、家賃やローンの額を抑えることができれば、他に回せるお金が増えます。そうすることで、貯金額を増やしたり、旅行に行ったりと豊かな生活をすることができるので、家のお金はできるだけ抑えたいですよね。そうわかっていても、分譲を買う時にはついつい無理をしてしまうものです。また広告のチラシなどにはとてもよい無理のない返済シュミレーションが書いてあったりしますが、あれってからくりがあるらしいので、自分にあてはめないで、現実的に考えた方がいいとテレビで言っていました。

東京 交通 通勤 通学

東京の交通は、文句なしに便利です。しいて言えば車で駅前を走ると交差点が複雑なのでわかりづらいのと、一方通行が多いということくらいでしょうか。ただ、これも慣れてしまえばなんの問題もありません。東京駅は、11もの路線が入っており各方面へと行くことが可能です。
出口も多いですが、新宿駅に比べるとわかりやすいので初めて行く人も安心です。また、路線バスも便利でバスターミナルのようなものはないので、こちらは少しわかりづらいのですが、高島平や赤羽、足立区方面にまで行くことができるので、通勤・通学で利用する人も多いです。

Copyright ©All rights reserved.賃貸不動産の住宅情報を見極める為のポイント.